第18回 常に斬新であれ!!! ケータリングシェフとして新しい食事を演出する 近藤雄大

ケータリングシェフ 近藤雄大くんにインタビュー♪

1. あなたの仕事について教えてください。

ケータリングシェフ
簡単に言うと出張料理人。

場所を固定し店を構えるのではなく自ら出向く。

 

2. あなたは誰のどんな役に立ちたいですか?

料理人としてであれば料理を好きになってもらう。食に対して関心を持ってもらう。

自分の背中を見せることで料理人という職業が素晴らしく、かっこいいと憧れるような存在でありたい。

人としてであればこんな大人になりたい。なんでもいいですが誰かしらに影響を与える人間で在りたいです。

 

3. あなたの夢はなんですか?

ケータリングシェフとして日本国全てに進出。世界に進出。貧困地区に行き無料で炊き出しの提供など。

プライベート面では時間やお金に縛られない自由な生活。趣味ややりたいことだけするような生活!

 

4. それはいつまでに成し遂げたいですか?

日本国全てに進出は25歳
世界は30歳と同時にプライベートも同時進行で成し遂げたい。

 

5. 自己PR & リスナーへのメッセージ

ケータリングシェフのゆーたです!現在ワイン会や友人の送迎会などのケータリングをやっております。

僕は既存の料理人の劣悪な環境や人間性に疑問を持ちこのまま続けても自分の望む将来がイメージできず思い切って独立しました。

料理人のやりがいとも言えるお客様の表情やお声などを直接感じる事ができる所に惹かれケータリングシェフを選択しました。

依頼があればぜひおっしゃってください✨主にフレンチですが洋食と少しの和食も可能です♫よろしくお願いいたします!

リスナーへ

色々悩んでる方が多いと思います。情報もたくさんあり安定と言われる時代も終わりました。しかし、ピンチはチャンスにもなりうるのを忘れないでほしいです。

成功する人は何度も挫折しながらも踏ん張って何かを継続した人です。

何をすべきかわからなければ人と会うことをオススメします。人生は人と会うことでしか変わりません。僕もそうでした。ある人と出会うことでケータリングを知りケータリングの道を選択しました。

夢を叶えてやるという揺るぎない信念を貫けば人もお金も集まります。結果はいつ出るかわかりません。がその為の行動さえしてればぐっと近づきます。

夢を諦めるほど悲しいものはありません。諦めざるおえない状況に追い込まれた方もいるでしょう。それでも踏ん張り続ける人もいます。

みんな等しくチャンスはあります。掴むか掴まないかは自分次第というやつです。

うまく伝えられたかわかりませんが誰かのほんのすこし、何かのキッカケになれば幸いです!

 

Facebook:https://www.facebook.com/yuta12325

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です